皮脂の分泌とニキビ

MENU

皮脂の分泌が多いとニキビになる?

皮脂の分泌が多いとニキビになる、というのはよく言われていることですよね。
この「皮脂の分泌が多い」というのは実はニキビになることに直接関係しているわけではなく、正確には「皮脂の分泌が急激すぎて詰まったりして」ニキビが出来る、というのがニキビが出来るメカニズムなんです。

 

つまり、皮脂の分泌が多くてもしっかりとつまらずにコントロール出来ていればいいというわけなんです。
なので「自分は汗っかきだからニキビが・・・」と落ち込む必要はないんですよ。

 

ただ最近皮脂の分泌が多くなってきたなあ、なんていう人は少し注意が必要です。
なぜなら皮脂の分泌量はお肌の状態を表しているからです。

 

まず皮脂の分泌に意識が行かないくらいの時は、普通の状態です。
基本的にその状態の時には何も気にする必要はないでしょう。

 

そして次に「いつもより脂っぽい時」ですがこれが重要で、こう言った時にはお肌が乾燥していたり強い刺激を受けていたり、ということが多いです。
皮脂の分泌量は「お肌の健康のサイン」だと思って頂いても構わないと思います。

 

結論として、皮脂の分泌が多くてニキビになる、というわけではないです。
ただそれが体質ではなく環境によるものであるなら、それはお肌の健康状態が悪いということだと知っておいてください。